かぎ編みで簡単な花のモチーフを作り、座布団にしました。vol.1

まず、はじめに編み目6つの輪を作ります。

引き抜いて、くさり編みを2目編みます。

かぎばりに毛糸を1周巻きます。

かぎ針に毛糸を一巻きしたまま、同じ目に引き抜きます。
この時に、くさり編み2目と長さを合わせます。
思ったよりゆったりです。

こんな感じです。
この作業を、1つの目に対して4回します。

かぎ針には、毛糸が3本かかっています。

2回目です。
1回目と同じように、かぎ針に毛糸を一巻きしてから、同じ目に引き抜きます。

まだ、普通にできます。
かぎ針に毛糸は5本かかっています。

3回目です。
巻きつけて、引き抜いた毛糸にゆとりがないと、次がやりにくいです。

かぎ針には毛糸が7本かかっています。


4回目です。
今までの分が、かぎ針から外れそうなら、指で押さえてもいいかもしれません。

かぎ針には毛糸が9本かかっています。

4回かぎ針に巻いて引き抜くをしたら、今度は全部の中を引き抜きます。

わかるかなぁ?
かぎ針にかかっていた毛糸の間から、引き抜いた状態です。

くさり編みを2目編みます。


となりの目に引き抜いて、くさり編み2目作ります。
そして、この目でも毛糸をかぎ針に一周巻いて引き抜くを4回します。
すると、2枚目の花びらが出来ます。
わかりやすいように、色を変えてみました。


まず、1枚目です。
工程は、上に書いた通りです。

2枚目です。

3枚目です。
慣れれば、同じ事の繰り返しなので簡単です。

4枚目です。
引き抜く目を間違えると、花びらが6枚出来ないので、どこで間違えたかもわかりやすいです。


5枚目です。
糸の色を変えてるので、後ろに毛糸がいっぱいありますが、実際は大丈夫です。

6枚全部出来ました。

普通に花びらを作ったら、このようになります。

最後は引き抜いて、5cmくらい残して切ります。
とじ針に糸を通して、裏に針を刺してほつれないように処理します。
裏がみえないのなら、最初の糸と結んで終わらせても大丈夫です。
裏が見えるなら、何ヶ所に糸を通して終了です。

この花を61枚作って、座布団にします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事