かぎ編みで、簡単な花のモチーフで座布団を作ります vol.2

花のモチーフ61枚作り、全部をつなげて、細編みでぐるっと一周ふちどります。


この、モーチフを61枚組み合わせると六角形になります。

2段づつ、くさり編みでジグザグにつなげていきます。


隣り合う花びらを合わせて一ヶ所、1目くさり編みでつなげ、さらに3目くさり編みで長さをだして、もう一ヶ所合わせてくさり編み1目で、どんどんつないでいきます。

隣り合う花びらを一ヶ所づつ、つなげてのまた隣の花びらをつなげるためにくさり編み3目で長さを出す感じです。

4枚つなげたところです。
少しジグザグにつながってきました。

9枚つながりました。
ジグザグになっているのが、よくわかります。

半分つなげた物です。
よく見ると左端の黄色の花びらから、2段目の花びらにつながる所は、くさり編み8目編んでます。
段が変わる時は、くさり編み3目では長さが足りないので、8目になっています。

こっちは、その残りです。
裏返しでつなげていくので、時々確認してくださいね。

全部つなげた所です。

今から、ベージュの毛糸でフチをぐるっと細編みします。

一周したら、ずいぶんしっかりとしました。


今度は裏側を編みます。
モチーフと同じ様に編み目6で、細編みを編みます。


ぐるぐると細編みで編んだ所です。
編みはじめを増し目2で編んでいくと、段が増えるほど、六角形になっていきます。

10段編んだ所です。
かなり六角形になってます。
表のモチーフをつなげた物の大きさに合わせて編み進めていきます。


モチーフの余りの毛糸で編んだので、色が変わっています。

裏側は、細編みなのでそのままワタを入れても大丈夫ですが、表側はモチーフつなぎなので隙間があり、ワタをそのまま入れると飛びだしてしまいます。

なので、今回はいったん布の中にワタを入れました。
座布団の形は六角形ですが、なかみは丸でも大丈夫かと思い丸にしました。

中身を入れて、表側と裏側を細編みで閉じていきます。

中身を入れるのに15cmくらいは、空けておいた方が入れやすいです。
最後まで、閉じたら終了です。

こんな感じで、かわいくなりました。

すごく簡単で、思いのほかサクサク出来るので、色違いも作りました。

こっちは青系で、中心の色を変えていません。
こちらの方が簡単にできます。
色によってかなり雰囲気がかわります。

大人っぽくて、かわいい座布団になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事