簡単編みぐるみのインコをつくりました。

いつも、ウサギ、クマのあみぐるみを作っていますが、今回は鳥のインコを作ってみました。

編んでみた感想は、小さいので半日で出来ます。
編み方も、体とクチバシが細編み、羽根とシッポが中長編み、足がくさり編みと引き抜き編みで作りました。

どれも、難しい編み方ではないので、スイスイ編めました
😊

予定では、キーホルダーにしようと思ったのですが、編み上がったら思ったより大きくなったので、キーホルダーは無理ぽいです。
カバンに入れてたら、邪魔そうです。
でも、カギをカバンの中で探す人には見つけやすくていいかもしれません。

座らせて、立たせて?どっちかよくわかりませんがその状態で写真を撮りたかったのですが、固定出来なかったので横にして写真を撮りました😆

そんな状態の鳥を見る機会がないので、子供達はあみぐるみのインコを見て、鳥が死んでると爆笑してました。

何がおかしいんだか、子供の笑いのツボがわかりません😅

これは、仰向けです。
やっぱり不自然なのが、鳥が死んでると笑う子供達。

クマやウサギの時はそんな事思い付きもしなかったのに、インコの時だけ過剰に反応します🤣

子供達に笑われていたら、私までも鳥が死んでる様に見えてきました。

後は、目を付けて完成です。
早く仕上げたい所ですが、今日は台風で外が荒れているので、明日にでも鳥さんの目を買ってきてくっつけたいと思います。

そうしたら、子供達も死んだ鳥と言わない気がします。
やっぱり、目は大事ですね。

ちなみに、毛糸も少ししか使わないので経済的です。
細めのアクリル毛糸で、(がぎ針5号)手のひらサイズのインコが毛糸1玉で、5匹くらい作れそうです。

手乗りインコです。

まだ、目はありませんが、かわいく出来て大満足です😍

初めてケープを編んでみました。
ちゃんと編めてるかもよくわからないけど、がんばりました。

インコさんに着けてみました。

かわいいけど、羽根が見えなくなる。
ケープはいらないかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事