南国フルーツのグアバで、ジャム作り、おいしくできるかな?

沖縄生活もトータル8年になりますが、生のグアバを食べるのははじめてです。もらった時は何の実がわかりませんでした。

爽やかな、なんとも言えない香りがします。

どうやって食べるんだ?

いろいろ聞いてみると、果肉と種がくっついているらしい。

そして、思った以上に種が硬くて、生食は好きな人と嫌な人にわかれるとのことでした。

本当は皮ごと食べれるのですが、今回のグアバ(沖縄の方言でバンシルー)はあまり皮がキレイではなかったので中身だけを使いました😆

お味はと言うと、もう一つよく似ている南国フルーツのパッションフルーツの方が食べやすくておいしいと言っていました。

とりあえず生食をしてみようと切ってみました😀

想像していたのと全然違います。

スプーンですくうとキレイにとれます。

食べてみたら、甘さ控え目でした。

そして、種がやっぱり硬いです。

長女は、バキバキと噛み砕いていました。

私は軽くかんで、飲み込みました😂

ジャムかジュースにしたの方がよさそうです。

こんなにキレイに中身がとれます。

スプーンでくり抜いて、裏ごししていきます。

全部で18個あって、生で1個食べたので

17個裏ごししたのですが、実と種がくっいていたので、結構たいへんでしだ。

全部で、260gありました。

半分に切った時の見た目より、水分がたっぷりありました。

そして、問題の種もたっぷりです。

よーく見ると気持ち悪い😅

ジャムの作り方を検索してみると、果物の半分の量の砂糖と、大さじ1のレモン汁で、20分煮詰めるとのことでした。

すごい量の砂糖です😫

ジャムって、砂糖のかたまりですねー。

キレイなサーモンピンクです。

これが砂糖とレモン汁を入れて加熱すると濃い色になりました。

途中アクをとりながら、煮詰めていきます。

この白っぽいアワがアクです。

丁寧にとります。

きりがないので、この辺で終了です。

グアバジャムの完成です。

グアバを切っている時から、爽やかな香りが部屋中にしていたのですが、次女はこの香りが苦手だったらしく、頭が痛くなる匂いだど言って、違う部屋に逃げて行きました😆

ジャムになっても、ダメだったみたいで、私は無理〜と言っていました。

味見をしてみましたが、甘酸っぱいくて爽やかな香りがして美味しかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事