麻ヒモとデニムヤーンで簡単夏のカゴバック vol.1

KOKUYOの麻ヒモとダイソーのデニムヤーンで
簡単夏の麻ヒモバックをつくりました。

ホームセンターとかで200円位で売ってます。

ダイソーで1玉100円のデニムヤーンを、今回のバックは8個半使いました。
今回はデニムで作ったのですが、切りっぱなしなので、糸のほつれも多いし、生地が固いのでTシャツ素材の物の方が作りやすいと思います😆

麻ヒモの部分は作り目が6ではじめ、最終72目の12段で細編みのみです。
13段目から、デニムヤーンに変えてさらに、10段細編みです。

持ち手を作るのに、細編み9目、鎖編み27目、細編み9目、鎖編み27目、細編み9目です。

細い持ち手が出来たので、そこも細編みを1周します。

まだ、持ち手の部分が頼りないので、さらにもう1周細編みをした。

2周までは、まだ頼りないのでさらに1周。
合計3週して、最後は引き抜いて終了です。

後は、内袋をつけて完成です。
だいたい、2日位で編めました。

途中、デニムヤーンが切れてダイソーに買いに行ったのですが、なぜかインディゴだけ売り切れで結構探しました😅

サイズは高さ19cm、横35cm、底の直径22cmくらいです。
思ったより、いっぱい入りますよ。

内袋は、デニムヤーンで編んだかばんと大きさをそろえます。
かばんを机に置いて、大きさをはかり、縫い代1cmで作ります。

ダイソーでマグネットを見つけたので取り付ける事にしました。

2個入りでした😊
もう1つは今度作る時に使います。


ポケットも2つ付けることにしました。

ポケットを2つ取り付けたところです。

次はマグネットを付けます。

切り込みを入れて、そこにマグネットを差し込みます。
先の細いペンチがあると便利です。

今回使った布は薄い生地だったので、当て布を付けて補強をしました。

後は編み上がったかばんの中に内袋を手縫いで縫い付けました😆

完成です。
思ったより軽くできました。

普段使う物は全部入る大きさに出来ました。

こんな感じでまだ、余裕もありました😊

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事