小学3年生の次女が床矯正をはじめ、融合歯が抜けたvol.5 【小学生の歯科矯正】

床矯正を始めるにあたって、まず上唇小帯異常が見つかり、その切除手術をしていました。

私のうっかりミスや子どもの体調不良で、なかなか手術を受けられず、矯正の歯医者さんで手術を先にするように言われてから、約2カ月近くかかってやっと手術が終わりました。😅

抜糸も終わり、矯正を始める為に歯医者さんに来ました😆

ここに来るまで、長かったです。

歯医者さんでは床矯正をはじめるアイテム作りの為、歯の型取りをしました。

私もした事あるのですが、型取りの間、結構苦しいです。
固まる樹脂の様なシリコンの様なものを、金属の型を入れた口の中に流し入れ、しばらく待ちます。

で、固まったら外すのですが、その時ちょっとオエってなったみたいで涙目になってました。😂

後はその歯型で矯正装置を作ってもらいます。
約2週間かかるそうです。

その後は、出来るだけ装置を付けて少しずつ上顎を広げていくとの事でした。

最終的には5〜10mmくらい広げるみたいですよ😆

早く2週間たたないかなぁー

こちらは、下の歯のゆうごう歯。
うしろから、大人の歯も生えてきてます。

かなりグラついていて、ご飯を食べる時に痛いと言っているので、抜歯をしてもらおうとお姉ちゃんに言ったのですが、麻酔が痛くてヤダと言うので、2週間後まで残ってたら、取ろうねと先生と約束してました😁

今回は、これで終わりでした。

追加です。
やっぱり歯医者さんで抜いてもらえばよかたあと。
ゆうごう歯の半分が根っこがなくなりこんな状態に。

さらに、ご飯を食べると痛いみたいです。
明日、明後日には抜けるかな?

抜けました。
明日、明後日じゃなく、その日の夜でした😉
お祭りに行ってわたあめを食べてたら、ポロリ。

ちなみに、抜けた歯はこんな形です。

これが、ゆうごう歯です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事