小学3年生の次女の上の歯の床矯正が終了に⁉︎ 【小学生の矯正】vol.10

上の歯の床矯正を初めて約8ヶ月。
すごく歯並びが変わりました。
はじめは本当に大丈夫かなぁと不安でしたが、こんなに早くキレイにならなんて、びっくりです。
もし、子供の歯並びて悩んでいるならぜひ、おすすめします。

今の娘の歯はこんな感じです。

あれ?
イマイチじゃない?って思った人がいるかも知れませんが、はじめから比べたらすごい変化です。
これが、最初の歯並びです。

歯が並ぶ為のスペースを作ったので、前歯の間か開いています。

向かって右側の前歯の横の歯が下のはより奥に生えてきます。
これをオレンジステックを使い前に出しましたね。

そして、あれから10ヶ月。
今はこんな感じです。

向かって左側の犬歯が生えかわり、前歯の隙間がなくまりました。

下の歯が抜けたばかりなのて、痛々しいですが上の歯並びは、こんなにキレイになりました。

床矯正は、顎の成長を利用しながら行なう矯正なので、一度キレイになった歯並びは後戻りがないそうです。
顎の成長が止まってしまうと出来ないので、遅くても小学5年生までには歯医者さんに行って確認してもらっておいた方が良いです😆

前歯をよく使い食事をすると、その刺激が上顎の成長にいいらしいです。

お肉やフランスパン、野菜ステックなどを前歯で噛み切る感じです。

我が家の次女は、6万で床矯正が出来ました。
下の歯は、今のところキレイなので矯正をする予定はなしです。
ただ、大人の歯に生え変わる過程で必要性が出てきたら、下の歯も床矯正をするつもりです。

床矯正は安いだけでなく、食事の時は取り外せるので、食べ物も詰まりません。
なので、歯磨きも丁寧にできるので虫歯の心配がありません。

昔からあるワイヤーの矯正だと大人が歯磨きの仕上げをしてあげないとすぐ虫歯になってしまうので、なかなか大変です。

いいこと尽くしに思えますが、欠点もあります。
それは、いつでも出来るわけじゃないということです。
顎の成長を利用するので、小学校高学年以降になると出来なくなります。

歯並びが気になったら早めに歯医者に行くことをおすすめします😊

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事