小学5年生の娘の床矯正が出来ることに 【小学生の矯正】vol.2

前回、歯医者さんにはもう顎の成長が終わってるから無理ですと断られたと書きましたが、あれからもう一度、レントゲンをとったりして先生と話しをしたら、やっぱり出来るかも知れないということになり、長女もはじめました😆

最初の歯並びの写真です。

こんな感じで、やはり歯の入るスペースがなくて、前歯が斜めになってます。

次女の場合は、矯正器具にネジがついていてそれを動かして器具を大きくしていき上顎を広げましたが、長女は広げるタイプの矯正器具ではありません。


なので、こんなので本当に歯並びが良くなるの
って心配です。

矯正の値段も次女の半分の3万円です。
12月の終わりからはじめました。

少しづつ変化していたので、なかなか気づきませんでした。
正直、いつの間にか歯並びがよくなってたって感じです。

これが、今の娘の歯並びです。

どういう原理なのかわかりませんが、斜めになってた前歯がキレイになってきてます😆

噛み合わせも悪かったらしく、下の歯が上の歯ではなく、歯茎に当たるところで噛み合ってるといってました。
うーん、伝わったかな?
先生は噛み合わせが深すぎると言ってました。

それを治すのに、チューブを5秒間噛むトレーニングを1日10回することになりました。

このチューブを噛みます。
1日使ったらこんなに跡がつきます。

これを2月から毎日していました。
たまに忘れたりもしましたが😅

すると3ヶ月でこうなりました。

写真ではわかりにくいかも知れませんが、歯型でボロボロです。

矯正器具をつけるとこんな感じなのですが、どのように効いているのかよくわかりません😅

でも、長女は毎日矯正器具を付けるのと、このチューブ噛みで歯並びをよくしていくみたいです。

次回の検診は7月です。
どう変化していくのか、楽しみです。
次女と同じで前歯をよく使って食事をするのも、床矯正のポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事