【38歳からの歯科矯正】ワイヤーが外れました。vol.10

とうとうワイヤーがはずれました。
約4年かな、長い矯正生活でした。

ただ完全に矯正が終わったわけではなく、これからしばらくは透明なマウスピースを着けて、さらに歯の位置を固定するみたいです。

次に検診に行くまでは、食事をする時以外は、ずっと装着します。

そして、だんだんと装着時間を短くして最終的に外すのは1年半から2年位先だそうです。

この歳になってからの矯正は、すごく時間がかかるんだなぁ〜

ざっと計算して6年位です😅

そして、ワイヤーを外してからの生活はすごく快適です。
まず、食べ物を選ばなくていい事。
自分の食べたい物が食べれます。
りんごも普通に食べれるし、色素沈着も気にしなくていいので、カレーも食べたくなった時に食べれます。

次に、矯正器具に食べ物がからまったりしなくなったので、外食が誰とでも出来るようになった事。
ワイヤーがあった時は、食べ物がからまった歯を見られるのが嫌だったので、家族としか食事はしませんでした。

そして、爪楊枝生活から解放された事。
何か食べるたびに、ホジホジしていたので化粧ポーチには必ず爪楊枝が入っていました😆

そして、歯磨きがすごく楽になった事です。
今までは、普通の歯ブラシで、ワイヤーの上をひと通り、ワイヤーの下をひと通り、そしてワイヤーの所をひと通り。
歯の裏を、ひと通り。
次は、5ミリ位の小さいヘッドの歯ブラシで歯の表面を前と裏側をします。
そして、最終的に歯間ブラシをしてました。

これが、普通のブラシと歯間ブラシだけでいいんです。

今までなら、一度に6通りもしていたんです。

残念な事は、今は出来るだけ長くマウスピースを着けていないとダメなので、完食がしにくい事です。

食べる為には、マウスピースを外さないといけないし、食べ終わったら歯磨きをしてからマウスピースを着けないといけないので、間食が多い人はめんどくさいです😂

この3年10ヶ月、矯正がダイエットになるかもと何度も書いてきましたが、今度こそダイエットになるかもしれません😆

今の所めんどくさいですが、完食したくなるたびに、マウスピースを外して食べ、歯磨きしてマウスピースを着けるということを1日何度もしています。

あー、これでは痩せない😭
私は歯科矯正では、ダイエットが出来ないみたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事