40代顔色が良く見えるメガネに作りかえました。

今のメガネのキズがひどくなって見にくくなったので新しいメガネを買ました。

わかりますか?

こうなってくると、日に日にキズがひどくなってきます。

メガネの取扱説明書には水洗いや柔らかい布で汚れを拭き取って下さいと書いてありますが、実際はお風呂に入りながらお湯で洗っちゃうし、Tシャツで汚れを拭き取ってしまいますよね〜

そうすると、こんなふうにレンズがキズだらけになって世界が曇ってしまいます。

これは結構なストレスになります。

残念ですが、新しいメガネを作る事にしました。

そして、これが新しいメガネです。

よーく見るとレンズが薄いピンク色になってるんです!

前回はOWNDAYSのエアーフレームという軽い物でしたが、今回はOWNDAYSのチタンフレームで、レンズを薄いピンク色にし、ブルーライトもカットする機能を付けましまた。

なぜレンズに色をつけたかというと、店員さんがすごく可愛かったからです。

話を聞いたら、顔色が良く見えるように薄いピンク色のレンズを使ってますと教えてくれたので、私もマネしてみました。

40代、ファンデーションを塗ってないと(塗っていても)疲れた顔に見えるので、ちょっとでも顔色が良く見えるならとはじめて色付きレンズにしてみました。

色付きレンズと言えば、塩沢ときさんを思い浮かべてしまいます😆

若い人にはわからないはず〜

実際に使ってみた結果は、う〜ん、よくわからないです。

普段の生活ではそこまで違いはないです。

でも、お店の中とか車の中とかの明るい所では顔色がいいような気がします。

店員さんは色付きメガネ効果よりも、若くて可愛かったのですごく良く見えましたが、40代のオバサンでは思ったより効果がなかったです😂

それよりも、ブルーライトカット機能の方が効果大です。

2年前に比べてスマホをする時間が長くなったので、目が疲れやすくなったけど、ブルーライトカットレンズにしたら、目の奥が痛くなるような感じが減りました。

そして、お風呂のお湯やTシャツで拭いたりはしてません。

購入して1ヶ月半経ちますが、ちゃんと取扱説明書通りに使用してます。 

ちょっと若造り感のあるメガネですが、前回のメガネよりも顔の印象が柔らかくなったので大切にします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事