カシュクールワンピースを買ったのですが、作務衣に見えるので自分でリメイクしてみます。

ネットショッピングで洋服を買うのは難しいです。

モデルさんが着ているとかわいいのに、実際届いて着てみると、???ってなる事があります。

なのでしばらくネットでは洋服を買ってなかったのですが、久しぶりに買って失敗してしまいました。

勿体ないので、自分でリメイクしてみます。

紺色のワンピースです。

袖も7部袖でふんわりしているのが、さらに作務衣に見えるきがします。

でも、今回は胸元がつまりすぎているので、そこを直します。

私が着ているのを見て子供たちが、入院する時の服みたいとも言ってました🤣



全体は、こんな感じのロングワンピースです。

素材は綿100%なのですが、ハリのある生地なので真夏には暑いかもしれません。

早くお直しして今の時期に着ないと、秋まで出番がないかもしれません。

では、さっそく作業にとりかかります。

dav

襟元のあき、∨ネックを広げる為にまずオレンジの線の所の見返しをグルリと一周はずします。

するとこのように取り外せます。

dav

このように取り外すために、スカート部分の一部も解体しました。

dav

見返しの一部が、丸の部分に縫い込まれているので、この部分の縫い目をほどくと、見返しがはずせます。

dav

次に肩の縫い目をほどきます。 

そして、ほどいた部分の端から2.5センチを折り曲げて、襟の部分を広げます。

dav

こんな感じてまち針を止めています。左右でギャザーの入り方が若干違いますが、まあ、よしとします。

dav

さっき前の部分を2.5センチ折り曲げたので、後ろの部分も、丸くつながるように折り曲げてまち針で止めておきます。

この部分は、本当はハサミで全体的にすこし丸くカットした方が体に沿ってキレイなラインになります。

でも、私は面倒だったので、余った部分を適当に折り曲げました。

最終的に出来上がった時、少し後ろが体から浮き気味になったので、カットした方が良かったと思いました。

dav

次は、解体した肩や襟をもとにもどしていきます。

はじめに見返しをグルリと一周外しましたが、あれをもとに縫いつけます。

その際、前身頃の分はカットしてタグの付いている後ろ身頃の見返しだけ使いました。

そして、肩の部分を2.5センチで折った胸元はそのまま自然に最後まで折りました。

定規ではかったら、下の方は10センチくらいになってました。

dav

折り曲げたので、下から少し飛び出しました。ここをカットします。

dav

この部分です。

そして、端ミシンをかけてほつれ止めをしておきます。 写真では、ギャザーを寄せていますが、ここも先に端ミシンをしてほつれ止めをしてあります。

dav

10センチ位狭くなったので、スカートの部分が余ってしまうので、ぐし縫いをしてギャザーを寄せて見頃とスカートの長さを合わせます。

はぁ〜、思ったより大変です。

後もう少しと思ってからが長いです。

実は、この段階ではスカート部分を縫って完成なのてすが、端ミシンをかけるときにミシンの調子が悪くなり何度もやり直りました。

縫って解いての作業を何回かしたのでグッタリです。

日も暮れてきて、アラフォーの目では縫い目が見えにくくて辛かった〜

それでは、最後のスカート部分を仕上げていきます。

dav

ギャザーを寄せて、見頃と長さを合わせたスカートをしつけてミシンで縫い合せて完成です!

長かった〜

朝からお昼ご飯以外すべて、ワンピースのお直しで、1日が終わりました。本当に疲れました。この日の晩ごはんはどうしたんだろう?

疲れ過ぎて記憶ごありません。

ムスメが作ってくれたのかなぁ?

思い出せない・・・

はぁー、肩がバリバリになりました。

でも、なんとか完成して良かったです。

がんばりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事