タコライスの作り方【沖縄の普通の家庭のレシピです】タコミートとサルサソース

最近全国的に食べるようになったと思うんですが、タコライス美味しいですよね〜

我が家は家族全員大好き!

今日は沖縄の普通の家で普通に食べる基本のタコライスの作り方を説明します😉

要は、カレールーを使った簡単な普通のカレーライスみたいなレシピです。

すごく簡単ですよ。チャーハン並みの簡単さ。

しかも、まあまあ安いです。

挽肉が500gで500円位、タコスミートのスパイスが200円位、レタスが1玉130円位の半分、トマトか80円位に、タマネギ、ピーマンが10円分位使うだけ。あとはチーズ。
これで家族5人で食べきれません😊

残りはパパの翌日のお弁当にしてます。
タコスミートは冷凍できるし。

タコライスを作る手順

タコライスのレシピは、次の4つの手順があります。

  1. タコスミートをつくる
  2. サルサソースをつくる
  3. レタスとチーズの準備
  4. ご飯に盛り付け

先にご飯も炊いといて。普通の白ご飯ですよ。

タコスミートのせたご飯に、タバスコかけるだけでも十分美味しいですよ。オススメです。

タコスミートのレシピ

タコスミートとは、タコライスに載ってる挽肉です。(もともとはタコス用の肉)

味付けはタコスミートの素?のスパイスミックスを使うだけです。タコミックスと呼びます。

余計なことをせず、これだけを使えば美味しいタコライスは間違いなく作れます。

玉ねぎとかいりません。ひき肉のみで。

合挽きの挽肉をそのままフライパンで炒めて、色が変わったら余分な油を捨てて、このタコスミートの素をフリフリしてお水を200ml入れて20分弱火で水分を飛ばすだけ。

すごく簡単です。

タコスミートの素は、オールド・エルパソ タコ・シーズニングって名前です。沖縄では200円位で売ってます。

我が家は、これを使いますが、塩分控え目タイプもあります。

本土へのお土産に買っていったら、本土のスーパーでも普通に売ってた。

サルサソースの作り方

サルサソースソースは瓶詰めの市販品でも大丈夫ですが、我が家は手作りです。

簡単に作れて美味しいです😊

キングタコスのサルサソースが世界一おいしいと思うのですが、あれはプロの味。どうやっても真似できません。

でも、家庭で作ると、新鮮野菜の出来立てサルサソースなら作れます。
それはそれでおいしいです😆

なんちゃってかもしれませんが、家にある材料で簡単に作れるので、市販品を買うよりお得です。

  1. タマネギのみじん切り
  2. ピーマンのみじん切り
  3. タバスコ
  4. ケチャップ
  5. 砂糖
  6. レモン
  7. お酢

これらを、適当に混ぜるだけです。加熱しません。

全部少しずつです。

味見ながら適当でなんとかなります。

絶対必要なのはタマネギとケチャップと砂糖とお酢です。あとはなければなくてもいいかな。

レタスとチーズ

レタスは細い千切りです。

チーズは、生で食べられる物を買ってください。ピザ用チーズとかは加熱しないと食べられないものが多いです。

ピザ用チーズを使う場合は、ご飯にチーズをのせて電子レンジでチンしてます。

いつもわが家は普通のスライスチーズです。(とろけない方)

レタスもチーズも超多めが沖縄風です。

スライスしたトマトもあれば嬉しい。

タコライスの盛り付け順番

ご飯の上に、タコスミート、

チーズ、

レタス、

トマト、

サルサソースの順番で盛り付けます。

チーズがかなり良い味をだしますので多めに。

スライスチーズならひとり最低でも2枚。

うちは、トマトも大好きなのでいっぱい乗せます。

子どもはケチャップでもいいかも。

タコライス完成

我が家では、一年中食べますが、夏になると出番の多くなるメニューです。

作り始めてから食べるまで30分ぐらいでできるので、忙しい日にもぴったり。

挽肉を炒めている間に、レタスの千切りとサルサソース作りをするので、手間もほとんどかかりません😉

ちなみに、オキハムからもスパイスミックスがでています。

これも、まあまあ美味しいです。日本人好みのスパイス加減かな。

お店で売ってるタコライス

最近は、レトルトパウチや缶詰のタコスミートが売ってます。

オキハムのレトルトのタコスミートは、レストランでタコライス食べるとこの味だったりします。

わたしも内地へのお土産とかに良く買って行きますが、家族5人だと、結構いいお値段なのでやっぱり手作りでしたほうが、お安く美味しいです。

我が家は、結構たくさん食べるので、レトルトパウチだと1袋の量が少なくて、1人1袋半、パパは2袋分ぐらい食べちゃうので・・・

沖縄ではお弁当屋さんやスーパーのお惣菜コーナーで、タコライスも普通に売っていて、お店で買うとだいたい400円です。

美味しいタコライス弁当かどうかの見極めは、サルサソースが手作りかどうかと、ひき肉とチーズの量です。ケチャップがかかってるようなタコライス弁当はダメです。

あと、上にちょっと書いたキングタコスというお店があります。

ここは、支店によって美味しいさが違いますが少々高くてもたまに食べたくなります。

キングタコスのおいしさの秘訣は、素材が結構いいものを使ってるのと、サルサソースがすごくおいしいのと、チーズがたくさんかかってるのと・・・

また、キングタコスの事は詳しく書こうとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事