小学5年生の娘の床矯正 vol.1【小学生の歯科矯正】

先日、真ん中のお姉ちゃんの歯科矯正の事を書いたんですが、実は1番上のお姉ちゃんも同じ様に相談してたんです。

結論から言うと、この子は先送りすることになりました😭

いろいろなタイプの矯正歯科があると思うのですが、わが家が選んだタイプは床矯正をしてくれるところでした。

この床矯正、もう5年生では遅すぎたんです😱
3年生のお姉ちゃんは、大丈夫だったので手術が済みしだい取り掛かるんですが、5年生のお姉ちゃんは、もうアゴの成長が終わってるので出来ませんと言われました😨

あぁ〜、何年か前から気になっていたのに、なぜもっと早く行かなかったんだー。

歯並びが気になる子どもは早く歯科矯正医で相談したほうがいいですよ。

床矯正は費用も安く、矯正の時の痛みも少なく、食事の時には外せるという利点がわが家むきだと思ったのに・・・

私も矯正をしているので、矯正の大変さは充分理解しています。
私はワイヤータイプの普通の矯正で、これは歯磨きがかなり大変なんです😖

うちの1番上のお姉ちゃんは、すごく大雑ぱな性格で、本当に細かい事を気にしません。
だから、給食を食べた後ちゃんと歯磨きをすると思えなくて。
朝と夜は、家でするので私が気にかけてあげられますが、お昼は本人任せなので。

子どもは大人に比べてエナメル質が薄く、矯正中に虫歯になりやすいそうです。
なのでワイヤータイプの矯正をさせたくなかったのですが・・・

結局、5年生のお姉ちゃんは後4本乳歯が残っているのですが、これが生え変わってから、ワイヤータイプの矯正をしましょうとなりました😢
個人差があるから、一概には言えないそうですが、だいたい残ってる乳歯が生え変わるのに2年位かかるそです。

私の中の予定では、小学校の内に終わらせるつもりだったのに。
現実は中学生から始める感じになってしまいました😂
やっぱり、早めに相談しないとダメですね。
せめてもの救いは、この子はそこまで酷くなかった事です。

前歯を良く使って食事をしてくださいね。
噛みちぎる動作、例えばフランスパンを噛み切るなどして前歯を使うと歯並びが良くなりますよとアドバイスをもらいました。

どこまで、効果があるのかわかりませんが、矯正を始めるまでにすこしでも悪化しなければと思い、フランスパンやリンゴの丸かじりなどさせるつもりです😅

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事