小学5年生夏休みの工作に、手袋いぬと靴下のゾウを作ったよ

家庭科の授業でお裁縫を習いはじめたお姉ちゃん、ぞうきん作りも上手でしたが、軍手のぬいぐるみ作りも、すごく上手でした😉

右から順に、小5お姉ちゃん、私、パパの作品です。
パパがうさぎで、私たちは犬です。
ちょっと犬に見えないかな?
お姉ちゃんはヤギって言って笑ってました。

私もパパも隣りに座って一緒に作りましたが、本を見ながらほぼ1人で作ってました。
すごい成長です😉

必要なもの

・軍手か靴下をひと組。
・目や口にするボタン
・ワタ

あとは、糸と針だけです。
首輪をつけたければリボンとかも。

すごく簡単に作れます。


軍手を裏返して、この様に切り離します。
2個とも。

1個めは胴体です。
もう1こは、頭です。


ボタンで目と鼻を縫い付けるところが1番楽しい。
何度もやり直ししたりして。


頭と胴体を縫い付けるところ。


しっぽと同じ様に腕をつけます。


首輪を付けて完成です。

参考にした本

金森美也子さんの「手袋いぬと靴下ざる」って本です。
表紙からかわいい。
小学生でも簡単に作れるように優しく説明してあります。
何より、作るヤル気がでるかわいいヌイグルミの写真が満載。

画像をクリックでamazonが開きます。

作品紹介

超簡単なので、ついつい大人も手を出して、いっぱい作りました。
みんな自分の作ったヌイグルミを絶賛。

最初は本のとおりに作ってたけど、だんだんとアレンジして、個性的になりました。それが楽しいんですよねー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事