小学3年生の次女の上の歯の床矯正【小学生の矯正】vol.11

次女が矯正を始めたのが、小学3年生でした。
ブログの最終更新が2017年4月27日で約一年ぶりの更新になります。

ムスメも小学5年生に、なりました。
あれからどうなったかと言うと、こんな感じです。

口の開き方が変なので、受け口に見えますが、実際はちがいます。

こっちの方がわかりやすいかな。
上の歯は全部永久歯に生えかわりました。
そして、床矯正は終了しました。

はじめと比べるとかなりキレイになりました。

床矯正を始めるために、前歯の間のスジを取り除く手術をした写真です。

器具を使い始めた頃

歯の並ぶスペースを作る為に、前歯の間を広げてます。

これのネジを回して広げてました。

ずいぶん前歯の間が空いてきました。


オレンジのスティックを使って、前に出しています。
噛み合わせが悪く、下の歯の内側にこの上の歯だけ、へこんでいます。

オレンジスティックを毎日していたのて、ちゃんと前に出ました。


前歯の2つ横も永久歯が生えてきました。
前歯の間のスペースが役に立つ時が来ました。

永久歯が完全に生えて、前歯の隙間がなくなりました。

そして、今現在です。
とりあえず、歯の隙間もなくなり、噛み合わせも良くなったので、床矯正は終了です。
でも、全体的に歯が斜めになっているので、今度はそれを直す事になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事